ggg books 119
ヘルムート・シュミット

ggg books 119
Helmut Schmid

price 1,200 yen (incl.tax)
購入数

発行:DNP文化振興財団
発行年:2015年
デザイン:ヘルムート・シュミット
フォーマットは田中一光
言語:日英併記
サイズ:B6判 182 x 128 mm
ページ:63ページ、図版多数
印刷:オフセット

日本・世界のグラフィクデザイナーを特集するDNP文化振興財団発行のggg books、119冊目。タイポグラファ、ヘルムート・シュミット初期の作品から近年のクライアントワークまで、コンパクトに網羅した一冊。
過去のggg books同様に、逆目で印刷・製本されているため、若干開きにくくなっています。

発行元解説:
オーストリア生まれのシュミットは、スイスに渡りエミール・ルーダーの下でモダン・タイポグラフィを学んだ後、バーゼル、ストックホルム、西ベルリンなど各地で働き、最終的に大阪を活動の拠点と決めた、異色の経歴を持つドイツ人タイポグラファです。本書では、1960年代から京都dddギャラリーでの展覧会開催(2015年)までの、シュミットが一貫した姿勢で取り組んできたタイポグラフィの仕事をご紹介します。 ggg books ヘルムート・シュミット

ggg books ヘルムート・シュミット

ggg books ヘルムート・シュミット

ggg books ヘルムート・シュミット

ggg books ヘルムート・シュミット