解決

デザイン 印刷:ロマノ・ヘニ
詩:ハインツ・ヘニ

The Solution
Die Lösung
design: Romano Hänni
poems: Heinz Hänni

price 33,000 yen (incl.tax)
在庫数 1 部 / 1 left
購入数

制作年:2004/05年
制作:ロマノ・ヘニ Romano Hänni
詩:ハインツ・ヘニ Heinz Hänni<
サイズ:240 x 180 mm
印刷:活版印刷とインクジェット
製本:ハードカバー 糸かがり 手製本
部数:40部、ナンバリング入

スイスのタイポグラファ、ロマノ・ヘニが制作した父であるハインツ・ヘニの詩集。バーゼルにある自身の活版工房で過去17年間に生じたヤレ紙(試し刷り)をトリミングして再利用した。詩はインクジェットで、図像には過去の試行錯誤の痕跡としてのヤレ紙がトリミングされ使用され、そのため図像は各本ごとで異なる。いわば言葉と活版印刷による図像との間に偶発的な意味作用を引き起こそうと試みた実験的な本。カバーに経年による黄ばみ(古書ではありません)。

ロマノ・ヘニ:
詩のページはコンピューターで組版、インクジェットで出力された。タイポグラフィックな図像(6つの図像がある)と見返しは活版印刷による。カバーには活版とインクジェットの両方を使用した。活版印刷によるページは、1986年以降に私が制作した書籍のヤレ紙を再利用し、そこから約90×33cmの図像をトリミングした。ヤレ紙の印刷面には、印刷時の位置調整や手書きで記載された校正書きもそのまま残されている。ヤレ紙はすべて一枚限りなので、図像も本も同じものは1つもない。詩をデザインするために、1ページを9つのグリッドに分割している。詩の行長と行数によって矩形の高さと幅が決定されている。

ロマノ・ヘニは、1956年にスイスのバーゼルに生まれ、1973年から1977年にかけて植字工の修養を績んだ後、バーゼル・スクール・オブ・デザインでタイポグラフィ、グラフィックデザインをウォルフガング・ワインガルトやクルト・ハウエルトに学ぶ。1980年には自らのスタジオを設立。
アートバーゼルや日刊紙バーゼル新聞等のデザインとタイポグラフィを長期にわたって担当するなどタイポグラファ・グラフィックデザイナーとして幅広く活躍し、いわゆるスイスタイポグラフィの流れを受け継く数少ないデザイナーの一人。そうしたクライアントワークに加え、1984年以降は、自身の印刷工房で活版印刷による本を制作し続けている。